行政書士法人ふたばBlog

保育園手続き支援 法人設立 一般法務|行政書士法人ふたば
行政書士法人ふたばブログ

アートな保育園

 昨日は顧問先様の保育園で、保育園運営関連の補助金と運営上必要な重要書類と考え方について、アドバイスをさせて頂きました。

 こちらの保育園は美術大学関係者の方が2人も職員としていらっしゃるので、とても素敵なアート満載保育園。私は美術部だったので、とても楽しくて、できれば園児さんと一緒に楽しみたい!と思いました。

 「アートと保育園」も研究したい〜!研究テーマの素材がまた増え、またまた拡大しています。

特定行政書士 久保祥子

LINEで送る

2020年5月26日5:00 午後0件のコメント

とある株式会社の話

 先日、保育事業のかたわら、輸入・物販事業を営んでいる株式会社の社長さんが突然当事務所に訪れ、大量のマスクを置いて行かれました。

 当然、自治体等から保育園に支給されたものではなく、自社で輸入したものを無償提供してくれたわけです。私たちが連日各地の保育園を訪ね歩いていることを知っているので、少しでも役に立ててもらえればとのことでした。

 保育事業を営む株式会社(営利目的企業)は、非営利団体などから何かと叩かれやすいものですが、中にはしっかりした理念を持って、いい保育園運営をされている事業者さんも存在します。うちの顧問先にも株式会社は複数社あり、先述の社長さんのように、自社の社員だけでなく、取引先のことまで気遣ってくれる素敵な会社もあるのです。

 社会福祉法人だから…株式会社だから…と偏見を持つのではなく、経営者や園長先生の人柄・理念こそが大事であり、そこに寄り添いつつ、子どもたちの利益を考えていけるようにしたいものです。

 そして、いざというとき、困っている人(会社)に対して、多くを語らずさりげなく手を差し伸べられる、そういう経営をしていきたいものです。

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2020年5月25日9:46 午後0件のコメント

行政書士と許認可

 こんな状況下ではありますが、新しい認可保育園(小規模保育事業)の新規開設のお手伝いをさせていただくことになりました。

 行政書士の王道ともいえる許認可ですが、保育事業の認可案件は、申請書類が何百枚~何千枚(分厚い副本10冊提出とか通常の許認可と規模が違います)にも及ぶため、それなりに覚悟のいる業務で、普通個人ではなかなか受けられるものではありません。(私も個人時代にやっていたので、絶対無理とは言いませんが、間違いなく1件に掛かりきりになります。)

 しかし、うちは行政書士法人とはいえ小規模法人ですので、何件も同時にこなせるものではありません。しばらくの間、大型案件は受任できなくなってしまいますが、目の前の案件を丁寧にこなしていきたいと思います。

 そして、いつかは複数の大型案件を、クオリティーをキープしたままこなせるように、体制・仲間を増やしていければと思っています!

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2020年5月22日11:05 午後0件のコメント

ある企業主導型保育園にて

今日は平日昼間というのに、子どもがいない企業主導型保育園で打ち合わせでした。

なんと今の時期を逆手にとって、子どもたちの遊び場を自費(補助金に頼らず自社で工面)で施工している最中でした。

株式会社の企業主導型保育園であっても、こういう園は実際に存在します。

私たちは、運営主体の法人格や園の種別で差別せず、本当に子どもたちの利益を第一に考える保育園とその職員さんを全力でお支えします。

当法人は企業主導型保育事業の立ち上げ(施設整備)は取り扱っておりませんが、現に運営をしていて、より良い環境を作りたいというご相談には応じております。

園の種別を問わず、保育園の運営にお困りの方は、お気軽にご相談ください。

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2020年5月15日11:14 午後0件のコメント

コロナ禍と育児

 お客様である園長先生とお話しをしていると、感染症予防対策と同じくらい心配されていることがあります。それは親御さんの心身状態。つまりは、異常な状況の中、家庭保育が続いている状態での子どもたちの置かれた環境についてです。

 登園自粛や一斉休園で、夫婦の片方が休業(失業含む。)している家庭は登園を認めないという扱いの自治体が多い中、そういう不安な環境に置かれた親が、果たして普通の精神状態で育児ができるものでしょうか。

 私事ではありますが、ゴールデンウイークや母の日に、1歳と4歳の息子と四六時中過ごす時間を作ってみました。歳の近い男児を複数人育てた経験がある方は(凄まじい状況の)想像がつくかと思いますが、もし自分が失業中にあの状況に置かれたら、とてもまともに育児ができる自信はありません…。

 そのことに気づいたとき、先の園長先生の言葉を思い出してハッとしたものです。

 我が子に限らず、全ての子どもたちはかけがえのない存在と思いつつ、この仕事をしている私が、ふと立場を変えて想像してみたら背筋が凍る思いをするほどのことだったのです。

 減収や失業で大変な状況に置かれながら、家庭で育児をしている親御さんへ。今は一時預かり保育も、児童館も、図書館も、どうかしたら公園も鍵が掛かっており、一日中家の中で言うことを聞かない(親の思い通りに理解できない)子どもと過ごすことは、どんなに子どもを愛していても、過酷な状況と言えるでしょう。

 決して自分がおかしいのだと思い込まず、お住まいの自治体の子育て支援センター等に相談しましょう。よく分からない場合は、全国共通の電話番号があります。

0570-783-189(なやみ・いちはやく)

 24時間最寄りの児童相談所につながりますが、虐待通報ではなく、あくまでも「子育て相談」ダイヤルですので、敷居は低いと思います。ご自身と子どものためにも、専門の人に思いを吐き出されるとよいでしょう。

 一日も早く、子どもたちの歓声があふれる日常が戻ることを願ってやみません。

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2020年5月11日11:04 午後0件のコメント