行政書士法人ふたばBlog

保育園手続き支援 法人設立 一般法務|行政書士法人ふたば
行政書士法人ふたばブログ

幼保無償化について

 今年の10月から3歳以上の幼稚園や保育園の利用料が原則無償化されるという話が以前から出ていましたが、本日、子ども・子育て支援法の改正案が閣議決定されました。

 待機児童が多い0~2歳児については、住民税非課税世帯のみ無償化対象で、通常の共働き世帯は基本的には無償化の対象にはなりません。そもそも認可園に関しては、住民税非課税世帯は現在も無料だったりするのですが、今回の無償化で給食費が別扱いとなり、かえって負担が増えるのではという懸念が生じています。

 しかし、例えば両親ともに大手企業の従業員等で、育児休業をまともに取得できる環境であれば、現在は2歳まで育児休業が取れる(育休手当が支給される)ため、そういう世帯にとっては一定の効果がある訳で、多少は評価できます。ただし、そのような家庭はごく一部で、特に男性が育児休業を取るのが難しい日本社会においては、どこまで実効性があるのか疑問が残るのも事実です。

 そして何より本日の閣議決定を受けて、私なりに疑問に感じることが2点あります。

 一つ目は「企業主導型保育」という“認可外保育施設”が、認可保育所や認定こども園と同列に扱われている点です。私の業務は、いわゆる認可保育園(大型保育園はもとより、自治体認可の小規模保育事業等含む。)とのお付き合いが多いこともあり、企業主導型を含む認可外保育施設の「質」に常々懸念を抱いています。

 おおざっぱに言えば、認可外保育施設は、保育士有資格者の数が認可園に比べて少なくてもいいのです。(小規模B,C型等特殊な認可事業は除く。)「保育士」は保育の技術はもちろん、児童福祉に関する法令も習得した立派な国家資格者です。当然、資格があれば皆素晴らしいのかと言えば、そうとは限らないですが、国として能力を認めて資格を与えている以上、制度上尊重して欲しいものです。

 二つ目の懸念は、認可外保育施設を利用する場合も、保育の必要性があると認定(2号認定)されている世帯に限り、3万7千円まで補助される制度で、経過措置として5年間は「認可外の最低基準(児童福祉施設の設備及び運営に関する基準(昭和二十三年厚生省令第六十三号))を満たしていなくても良い」という点です。この基準は、本当に最低限であり、例えば保育室の面積は、1歳以上の子ども一人あたり1.65平方メートルという極めて狭いもので、実際このような環境であるのであれば自らの子を預けようなんて思えないレベルです。当然面積だけでなく、「二方向避難」等、マンション等ではなかなか難しい基準もあるにはあるのですが、それにしても国が定めた最低基準すら当面(しかも5年も!)は守らなくても税金が投入されることに大変驚いています。

 これらの点に関しては、保育園のことを厳しく監視している全国規模の保護者団体がマスコミに対して懸念表明してくれると思いますが、私も保育行政と事業者の仲立ちをしている立場上、放っておけない問題と思い、長々と書いてしまいました。

 この問題に関しては引き続き、様々な観点から研究を続けていこうと思います。

行政書士 寺島朋弥


2019年2月12日10:37 PM0件のコメント

監査ラッシュ

先週、今週とお客様の保育園への行政指導監査が続き、バタバタした日々が続いていました。

毎年この時期はたて続けに監査が入るため、スケジュール調整がハラハラなのですが、今のところ運よくバッティングすることなく組めています。

今後顧問先が増えてくると、監査が同日…なんてことも十分考えられるので、早急に対策(体制構築)が必要だなと思っています。

私たちは保育施設(認可園、小規模園ともに)への行政指導監査対応は、年間通してかなりの場数をこなしていますので、私たちが立ち会うことでだいぶスムーズになるかと思います。

日程次第ではありますが、事前にご相談の時間をいただければ、スポット対応も検討いたしますので、お気軽にご相談ください。

行政書士 寺島朋弥


2019年2月9日1:27 PM0件のコメント

認可保育所監査立会い

本日は埼玉県北部の保育園様の行政指導監査でした。
初めて監査立会い業務をスポットでお受けしたので、現地で書類確認するため、早起きして行く準備をしていたら…こんな日に限って、埼京線止まっている…。それでも早めに出て、湘南新宿ラインで何とか1時間前に到着しました。

認可保育所の監査は、県の職員と市の職員が一緒に来るので、とても緊張しましたが…なんとか監査立会業務を果たすことができました。

行政書士 久保祥子

ふたばより

行政指導監査は、事業者本部や施設長・主任さん等が張り付くことになり、事業者にとってはなかなか負担が大きいものです。弊社では、顧問先以外であっても、一週間ほど前からご相談いただき、当日の日程さえ合えば、スポット業務として1~2名派遣して立ち会うことも可能です。

料金は事前相談・当日日当・改善報告書作成込みで5万円から。

お気軽にご相談ください。


2019年1月31日10:23 PM0件のコメント

引っ越し!?

事務所もそろそろ手狭になってきたので、引っ越しを検討し始めたところで、同じフロアの一回り広い部屋が空くと!

うちの事務所は1フロア内の部屋数が少ないため「階」だけで登記しているので、フロア内での移動なら登記も行政書士会への届出も不要なので助かりました!

善は急げ!ということで早速申し込んでおきました。

実際の引っ越しは3月になりますが、何かと忙しい月になりそうです。

行政書士 寺島朋弥


2019年1月25日8:28 PM0件のコメント

育児奮闘中

寺島です。久々のふたばblog執筆になります。

実はこの年末年始は妻の出産対応(事前入院含む)でバタバタしていたのですが、おかげさまで無事に産まれ、現在生後2週間の新生児と生活しております。

里帰り等ではなく、また両方とも地方の人間なので、なんとか夫婦だけで育児をしているところですが、この場合、出産後1か月は父親の力量が特に試されることになります。

もちろん、新生児に対して父親ができることなんてたかがしれていますが、逆に上の子に対しては、むしろ父親が一人で担当するくらいでなければなりません。(独身男性は案外知らないようですが、女性はお産後1か月は絶対安静な上、昼夜問わず終始2時間おきの授乳があるため、ろくに睡眠も取れない状況が続くのです!)

また小規模とはいえ、一企業の経営者でもあり、事業規模(同時並行している案件数)も長男の頃とは桁違いになっているため、今回は正直不安が大きかったですが、自らの専門分野でもある子育て支援行政(保育所、ファミリーサポート事業)の力を借りながら、また相方やお客様にご理解をいただきながら、今のところなんとか対応できております。

賛否両論あるかとは思いますが、子育て支援行政の専門家として、自らの育児を犠牲にせずに職務を全うしたいという私個人の思いをご理解いただけましたら幸いでございます。

以上の事情から向こう数週間~1か月くらいは諸々(特に早朝や夕方以降の対応が難しくなっています)ご不便をおかけしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

行政書士 寺島朋弥


2019年1月20日11:21 PM0件のコメント