避暑地気分|ブログ

保育園手続き支援 法人設立 一般法務|行政書士法人ふたば
行政書士法人ふたばブログ

避暑地気分

本日は顧問先様の打合せの為、世田谷区役所に行きました。

突然の大雨やギラギラの太陽…不安定な天候の中、辿り着いた区役所の食堂はちょっとした避暑地のようでした。

帰り際、食品サンプルのビール大ジョッキを見て、誘惑に負けないように頑張りました。

特定行政書士 久保祥子

建設中の新園舎

建設中の新園舎

 


2019年8月14日10:09 PM0件のコメント

保育園支援業務研修

長野県塩尻市から青柳夏苗先生(行政書士・保育士)に来ていただき、業務研修を3日に渡って受けていただきました。

ふたばとしては正式な業務研修を行うのは初めて。保育園に関する行政書士業務(認可申請から運営までの総合支援業務)について、しっかりと講義させていただきました。

最終日の夜は、打ち上げを兼ねての重要会議。保育業界についての展望や、今後私達がどのように保育業界に携わっていくかを話し合いました。青柳先生の保育経験のお話もたっぷり聞かせていただき、こちらも良い経験をさせていただきました。

お土産も沢山いただきました。

ありがとうございました。

特定行政書士 久保祥子


2019年8月11日4:03 PM0件のコメント

159,850件

先月から多忙を極めておりまして、久々の投稿になってしまいました。

さて、タイトルの数字は何の数字がお分かりでしょうか?

2018年度中に把握された児童虐待件数です。これは事件として処理された件数ですので、実際はもっと多いことは言うまでもありません。

警察から児童相談所への通報が急増し、一昨年度よりも2割増えたということですが、どんな事情があれとんでもない数字です。

虐待死の8割が3歳以下でその半分が0歳児という痛ましい統計も出ていました。

昨日は、朝刊の社会面にこの記事が詳細に載っていて、児童相談所が人手不足で大変なことになっているという記事の横に、児童相談所職員による児童への性的虐待の記事が…。

子どもたちは、一体誰を信用したらいいのでしょうか…。

児童福祉法を根拠とする様々な仕事をさせていただいている弊社としては、児童虐待は決して見過ごしてはならないことですので、自分たちの立場だからこそできることはないかを真剣に考え、必ず実行していこうと思っています。

特定行政書士 寺島朋弥


2019年8月3日10:22 AM0件のコメント

試練の日々

現在、当法人のメインである保育園支援業務(これだけでも常時多数の案件を抱えております)の他に、国際業務(いわゆるビザ申請)や相続手続きといった児童福祉以外のスポット案件が珍しく平行しており、担当を割り振ってできるだけ速やかに対応しています。

こういう状況になると、新人もベテランも関係ありません。お客様からしてみたら、我々個人の経験年数なんてどうでもよく、事務所(法人)に依頼した業務を100%こなしてくれればそれでいいのですから。

こんな状況なので、うちの新人も一人でお客様のお宅にお伺いしたり、様々な行政庁を回ったりと、試練の日々を過ごしており、おそらく精神的にだいぶきついだろうなと思っています。

おそらく本人は、余裕を持って一つ一つを丁寧に進めてみたいと思っているでしょうけど、行政書士業って不思議とそういう訳にはいかないのですよね。スポットのご依頼は、重なるときは何故か重なるものなのです。

私も個人開業時代、初めての受任業務で、わりと重たいものが二つも重なってヒーヒー言ってたのを思い出します。(笑)

こういう試練を乗り越えて、一歩ずつ一人前に近づいていくものだと思うので、うちに限らず、全国の新人さんたち(おそらく早めに開業した人たちは、ご祝儀案件で張り切っていることでしょう)には頑張ってもらいたいものです。

特定行政書士 寺島朋弥


2019年7月16日10:35 PM0件のコメント

素敵なお礼状

先日弊法人事務所に来てくださった青柳先生から、「さすが保育士先生!」と思ってしまう手作りの素敵なお礼状をいただきました。

ふたばのロゴも立体的に作ってくれました♪

子どもを楽しませるような工夫を自然にできてしまう保育士さんって、やっぱり凄いなと思いました。

特定行政書士 久保祥子


2019年7月11日9:09 PM0件のコメント

行政書士+保育士

本日は、当法人事務所に、わざわざ長野県塩尻市から青柳夏苗行政書士事務所の青柳先生が来てくださいました。

公立保育園や私立認可保育園で、保育士として勤務されたご経験のある先生で、とても熱心で素敵な先生です。

今後の保育業界の為にも、一緒にお仕事できたら素敵だなと思いました。

信濃ワインとワインカステラをいただきました。週末ゆっくりいただこうと思います。ありがとうございました。

特定行政書士 久保祥子

社内コメント

青柳先生は、現在うちが計画している新規事業に欠かせないダブルライセンス(行政書士+保育士)保有者なので、ぜひ協力関係を築いていけたらと思っています。(寺島)


2019年7月8日9:54 PM0件のコメント

起工式(地鎮式)

本日は保育園の新園舎建設の起工式(地鎮式)が行われました。

心配していた雨もかろうじておさまり、新園に勤務予定の保育士さんや通園予定の子どもたちとその保護者さんも含めて、大勢の方が参列し、和やかな雰囲気の中、執り行われました。

起工式は、多くが神式(地鎮祭)で行われますが、この計画では近所のお寺さんに大変お世話になっていることもあり、そのお寺さんにお願いして、仏式(地鎮式)で行いました。

入場時のお浄め

紅白幕の中で読経やお焼香、お念仏もあり、仏教徒ではない私にとってはなんだか不思議な感じがしたものですが、大変厳かで素晴らしい儀式でした。

鍬入れの儀に臨む園児たち

工事の安全はもちろんのこと、将来ここに通う子どもたちの健やかな成長をお願いしてくださったり、私たちの想いをそのまま仏様にお伝えしてくださいました。

私たちもこの先、業務で頻繁に通うことになりますが、来春の開園に向けて全力で取り組んでいきたいと、気持ちを新たにするきっかけになりました。

特定行政書士 寺島朋弥/同 久保祥子


2019年6月30日2:55 PM0件のコメント

最終説明会

本日は3年越しの大型案件(保育所設置認可申請業務)の、6回目にして最後の住民説明会がありました。

整備予定地近くの、できたばかりの公共施設で、記念すべき?最終説明会を開くことができ、すっかり顔見知りになった住民の皆様と建設的な議論をすることができました。

当初はいろいろありましたが、時間をかけて少しずつ信頼関係を築いていくという、保育園整備の理想的なモデルになりつつあります。

住民の皆様に感謝しつつ、子どもたちのため、完成まで気を抜かずに取り組んでまいります!

特定行政書士 寺島朋弥


2019年6月28日11:00 PM0件のコメント

保育士の熱き想い

今日は朝から晩まで小規模保育園で監査対応(事業者の代理人)をしていました。お昼も子どもたちの給食の残りをいただきました。(笑)

私はこれまで数えきれないほど保育園の監査対応を経験していますが、今日はこれまで経験したことのない大変驚いた出来事がありました。

それは行政指導担当者が、顧問園の保育士さんたちが書いた日誌を読みながら、涙を流し始めたことです。

泣くほど怒ってるのかと思いきや、「こんなにも温かい気持ちで子どもたちに接してくれる保育士さんたちのおかげで○○区の保育行政は成り立ってるのだなと思うとついつい感激してしまって…」と。

あまりにも意外な展開に、どう受け答えしたらいいのか一瞬固まってしまいましたが、行政指導の保育分野担当者は、多くが元公立保育園の保育士さんなので、自分の現役保育士時代の姿・想いと重なることがあったのかなと思うと、なんだか少しだけ気持ちが分かったような気がしました。

自分も我が子を保育園に託している一人の親として、保育士さんたちの献身的な仕事っぷりにはいつも感謝しています。

そして、自分の仕事の上でも、こんなにも(行政指導担当者を感激させてしまうほど)立派な保育士さんたちと関わることができ、誇らしく思います。

保育士さんの手作りおもちゃ

私たち行政書士法人ふたばの究極の目的は子どもたちの利益ではありますが、その最前線を支えてくださっている保育士さんたちが普段から気持ちよく働けるよう、そして彼女・彼らの想いの実現のために、今後も裏方となって保育業界を支えていきたいと思います。

特定行政書士 寺島朋弥


2019年6月20日11:52 PM0件のコメント

明日から怒涛の…

本日午前中は、新園舎新築工事の入札対応(開札・点検)業務。

午後は、別の顧問先様の指導検査事前準備対応をしました。

明日から怒涛の指導検査weekが始まります…。
既に緊張の毎日で心も身体も疲れ気味ですが、頑張ります!

特定行政書士 久保祥子


2019年6月19日11:15 PM0件のコメント