工事現場|開園

保育園手続き支援 法人設立 一般法務|行政書士法人ふたば
行政書士法人ふたばブログ

工事現場

今日は補助者と一緒に来月開園予定の保育園(工事中)にお邪魔して、写真撮影や諸々の打ち合わせをしてきました。

毎年2月から3月にかけては、新園の工事が完了し、認可・確認申請書に添付する写真や図面の準備のために、施設に通うことになります。

もちろん、子どもたちの安全が第一ですが、現場の保育士さんたちの仕事の動線も考慮して、棚などの配置が当初の計画と変わることもあるので、最後まで気が抜けません。

このあと行政の現地確認があり、いよいよ認可に向けての最後の手続きへと進みます。

完成したばかりの幼児用おトイレ

長期に渡る保育園開設支援業務もいよいよ大詰めです。

来月から通う子どもたちの笑顔を想像しながら、最後の最後まで丁寧に取り組んでまいります。

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2021年3月4日5:22 PM0件のコメント

行政書士と許認可

 こんな状況下ではありますが、新しい認可保育園(小規模保育事業)の新規開設のお手伝いをさせていただくことになりました。

 行政書士の王道ともいえる許認可ですが、保育事業の認可案件は、申請書類が何百枚~何千枚(分厚い副本10冊提出とか通常の許認可と規模が違います)にも及ぶため、それなりに覚悟のいる業務で、普通個人ではなかなか受けられるものではありません。(私も個人時代にやっていたので、絶対無理とは言いませんが、間違いなく1件に掛かりきりになります。)

 しかし、うちは行政書士法人とはいえ小規模法人ですので、何件も同時にこなせるものではありません。しばらくの間、大型案件は受任できなくなってしまいますが、目の前の案件を丁寧にこなしていきたいと思います。

 そして、いつかは複数の大型案件を、クオリティーをキープしたままこなせるように、体制・仲間を増やしていければと思っています!

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2020年5月22日11:05 PM0件のコメント

祝 開園・入園

コロナ騒ぎと雨の中、本日ひっそりと私立認可保育園が誕生し、かわいい子どもたちが入園しました。

外界に不穏な空気が漂う中、園内は何十人もの子どもたちの歓声が響き渡っており、子どもたちの笑顔を見る度に本当にこの仕事をやってて良かったなぁと思えました。

入園式も含めて、セレモニーはすべて中止になりましたが、子どもたちの最善の利益のため、より良い保育園となっていくことを祈っています。

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2020年4月1日10:10 PM0件のコメント