コロナ禍と保育園|給食

保育園手続き支援 法人設立 一般法務|行政書士法人ふたば
行政書士法人ふたばブログ

コロナ禍と保育園

現在、保育業界は色々な意味で大変な状況になっておりまして、その業界をサポートしている私たちもなかなか大変な状況です。今週も外出自粛要請中とはいえ、やむを得ず新規のお客様を含めて、保育園巡りをしておりました。

両親ともが医療従事者、ライフライン関係者等、やむを得ず子どもを預けなければならないご家庭があり、その子どもたちを、ものすごいプレッシャーの中、今日も懸命に保育をしている人たちがいます。そんな中でも、いわゆる認可保育園の膨大な行政手続は待ったなしで発生しています。

当法人は、保育園の職員さんたちが、感染症対策をしながらの保育に専念できるよう、全力でバックオフィスをお支えしてまいります!

こちらは今日の私のランチです。子ども、職員が少ないため、どうしても余ってしまうので、ぜひ食べてくださいとお願いされるので、ありがたくいただいております。(公定価格内の主食費だの副食費だの、細かい話はあえて省きます!)

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2020年4月17日10:54 午後0件のコメント

自粛ムードでも…

4月1日開園の保育園は、今は最後の総仕上げといったところです。

先週土曜日は、保育士・看護師・調理員・栄養士・事務職員等の全てのスタッフが集まり、オリエンテーションを行いました。

私たちも行政書士として、書類の管理(各記録の残し方)や事故防止(ヒヤリハット記録の大切さ)、事務手続きの基本等についてお話しさせていただきました。

そして、お昼は実際に園児が食べる給食をいただきました。

当然超薄味な訳ですが、素材の味が十分に活かされていて、とても美味しかったです。

ただ一つ、残念なことは、新型コロナウィルス対応で、開園や入園のセレモニーがすべて中止になったこと。

3年以上かけてこのプロジェクトを進めてきて、ようやく完成ということで、華やかなセレモニーになったことでしょうけど、本当に悪いタイミングで感染症が流行ってしまいました…。

しかし、この事業の本来の目的は、認可保育園を作ることではなく、より良い環境で子どもたちを保育するための環境を作ること。

そう、大人の満足感のためなんかではなく、すべては子どもたちのためです。

来月から、子どもたちが笑顔で通えるよう、残りの日々、精一杯頑張ってまいります!

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2020年3月17日9:36 午後0件のコメント