苦情解決第三者委員について|第三者委員

保育園手続き支援 法人設立 一般法務|行政書士法人ふたば
行政書士法人ふたばブログ

苦情解決第三者委員について

おかげさまで、当法人は10園以上の顧問をさせていただいております。寺島か久保が苦情解決第三者委員を務めている園も多くありますが、第三者委員への申立てを行う場合は、以下の点にご協力ください。

  1. 重要事項説明書記載の専用電話番号におかけいただく
  2. 利用している園名と自治体名を明確にしていただく
  3. 個人情報を提供していただく

ホームページ記載の固定電話ですと、速やかな対応ができない場合があります。また、似たような名称の園が多いことから、自治体名もおっしゃってください。申立ての際は、匿名希望の場合でも私どもには個人情報をお知らせください。(行政書士には刑事罰付きの守秘義務がありますのでご安心ください。)

何卒ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

LINEで送る

2020年7月16日10:48 午後0件のコメント

まるで新年度

 今朝は息子たちが2か月ぶりの登園ということで、担任の先生へのあいさつがてら、送りに行ってきました。保育園は“おしたく”の勝手が分からない保護者であふれ、新しい保育園ということもあり、先生たちもまだ慣れていない感じで、まるで4月1日さながら。特に二男が保育される1歳児クラスは壮絶で、出社してから顧問先に確認しても、どこも今日から登園児が急増していて、バタバタしているようでした。

 保育園の事故は、1年を通して4月が一番多いと言います。子どもたち(特に乳児)が慣れていないことによるストレス、新規開設園が多いこと、新任保育士さんたちが多いこと等さまざまな要素が重なり、どうしても4月はトラブルが起こりやすいのです。

 例えば、1歳児クラスの国基準では1人の保育士さんが6人の子どもを見ることになります。そして、一般的に1歳から保育園に通い始める子が多いので、朝は親と離れるのが寂しくて泣きわめく子たちばかり。(うちの二男も凄かったです……。親の立場でもあれはツライです……。)寂しくて泣いている子は、当然抱っこであやさなくてはならないわけですが、1人で6人の子どもを抱っこできる訳ありません! 国の最低基準は、どう考えてもおかしいのです。

写真はイメージです

 もちろんこの時期は、どこの保育園も乳児クラスは補助者を活用するなどして、手厚い保育をしています。じっくりと時間をかけて慣れ保育(“慣らし保育”とも言います。)を行い、徐々に保育者と子どもたちの関係を作っていく期間です。

 つまり、コロナ禍で4月と5月にほとんど保育が行われていないので、このままコロナが落ち着くとなると、今月がその4月(新年度)みたいなものです。私たちも様々な保育園で第三者委員を務めておりますが、より緊張感をもって各園との連絡を欠かさないようにしていきたいものです。

 1日も早く、本当の意味での日常が訪れますように――。

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2020年6月1日9:50 午後0件のコメント

大型連休期間の営業について

当法人は、大型連休期間中は、カレンダーどおりの営業となります。

ただし、顧問保育園の第三者委員業務は、無休で対応いたしますので、メールまたは専用電話番号にてご連絡ください。

LINEで送る

2020年4月23日9:19 午後0件のコメント