休園ビジネスと監査対応|監査

認定こども園・保育園・幼稚園のコンサルタント|行政書士法人ふたば
行政書士法人ふたばブログ

休園ビジネスと監査対応

今年の監査では、昨年の休業・縮小期間中に、満額の運営費(委託費等)を受領しておきながら、正規・非正規問わず職員に対して賃金を支払っていない、もしくは休業補償の6割で済ませている施設に対する指摘が大変厳しくなっているようです。

一時期「休園ビジネス」と揶揄されていたあの問題が、行政指導監査で再び明るみになっているものではありますが、ただちに違法ではないものの、国や自治体からの再三の通知を一切無視する姿勢は、市町村の責任である保育を代わりに実施する保育事業者としていかがなものかと思うのです。

そういう訳で、今年の監査対応のご相談は、昨年の休業・縮小期間中に、通知どおりに職員に対して給与を支払っていた、もしくはすぐに遡って支払う予定の事業者に限定させていただきます。

なにとぞご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2021年6月23日11:30 AM0件のコメント

行政指導監査

今年は早い自治体では早速行政指導監査が始まっています。

当法人も今月は3週連続で監査対応が決まっていて、非常にバタバタしています。

昨年実地検査を実施できなかった自治体が急いで行っている印象ですが、昨年実施したところもじきに本格的に始まるでしょう。

監査は面倒くさいと思わずに、保育の質を保つために有意義なものと考え、対応していくことをおすすめします。施設側がしっかりと協力すると、行政側も時間や検査員の人数等、配慮してくれるものです。

昨年からあえて第三者評価の受診を先送りしている施設も多いかと思いますので、しっかりと評価を受けるつもりで臨んでいただきたいものと思います。

なお、当法人では現在はスポットの監査立会いはお受けしておりません。顧問契約のオプションという形を取らせていただいておりますので、何卒ご了承ください。ただし、改善状況報告書の作成(改善のための助言含む)でしたら、対応可能な場合もありますので、お困りでしたらまずはお気軽にお問い合わせください。

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2021年6月5日4:22 PM0件のコメント

保育園三昧

本日は監査でもないのに丸一日保育園内にてお仕事。

朝から定例の委託費請求事務の指導に始まり、午後は東京都保育サービス推進事業補助金に係る各種保管書類の点検から同変更交付申請に向けての準備、近日中に実施される行政指導監査に備えての全般的な助言・指導を行い、全ての保育が終わってから、夜間に園内研修の講師を務めさせていただきました。

保育士さんたちも疲れている中、真剣に聞いていただき、最後の質疑応答でも活発に発言があり、講師としても大変嬉しいものでした。

これからも法の側面から保育の質の向上に資することができるよう、園内研修のバリエーションも増やしていければと思っています。

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2020年11月6日11:25 PM0件のコメント

企業主導型保育園監査

本日は、顧問先企業主導型保育園様の児童育成協会による監査(企業主導型保育事業指導・監査等基準に基づく立入調査)でした!
※毎回補足するのですが、保育園の監査は、運営に問題がなくても、通常年に1回以上は行われるものです。

今朝は、小学校の夏休み明け1日目に、娘より早く出発し、宿題の忘れ物はないかな〜大丈夫かな〜と心配しつつ、現地に到着。。

今回の監査は新型コロナの感染対策に配慮し、監査時間は短縮されたものの休憩なしの通しで5時間以上!‥流石にヘトヘトになりました😅

でも今日も子どもたちは可愛かった💞

保育士である自分のママに甘えながら、お友達と一緒に育つことができるのっていいな〜と思いました👶❤☺️

企業主導型保育園は、いろいろ問題があったりして何かと世間で騒がれていますが、素敵な保育園も沢山あるな〜と改めて感じることができました😊

特定行政書士 久保祥子

LINEで送る

2020年8月24日11:16 PM0件のコメント

今年度初の監査対応

 本日は都内の保育園監査の事前対応として、監査で見られやすいポイントの助言・指導と、当日へ向けて今からでもできること等について、運営法人担当者や園長先生と打ち合わせをしてきました。

 保育園の事務室は、通常とても狭いのですが、そんな環境に大量の書類を広げて、何人もの大人が集まると、当たり前ですが三密になります。

 それでも、なぜ行政はわざわざ監査に訪れるのか……?

 なぜ私たちも事前と当日2回もそのような現場に足を運ぶのか……?

 答えは「いい保育環境を維持して、子どもたちの利益を守るため」。これに尽きます。行政側も事業者側も思いは同じなので、双方の間に入り、より良い監査を迎えられたらと思っています!

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2020年6月9日11:23 PM0件のコメント

今年初の監査対応

本日は千葉県佐倉市にあるお客様(保育園)の監査立会いに行ってまいりました。

事務所からドアツードアで2時間ほどかかるので、移動時間だけで実に4時間!

園長先生が経験豊富だったので、全然心配はしていなかったのですが、それでも想定外の指摘があったりして(逆にこれはマズイと思ってた部分がスルーされたり…)、都度応対をして乗り切った感じです。

その後、夜間も久保は支部活動、寺島は一日で溜まった仕事(不思議とこんな日に限って重要な連絡が多いものです)を片付けているうちに、あっという間に21時!

お客様の新園舎の完成が間近に控えていて、認可業務としては佳境に入っていますが、ここで手落ちがあると取り返しのつかないことになるので、日々緊張感を持って取り組んでまいります!

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2020年2月4日9:03 PM0件のコメント

今年最後の監査対応

本日は、顧問先様の小規模保育事業の保育園の監査対応でした。地域型なので真剣な自治体監査の対応は本当に大変でした。

朝早くから…7時間ほぼ休憩なしでずっと話し続けました。

運営で毎日電話はしていますが、監査は年に1度の自治体担当者との共感の場でもあるので、保育の為に一緒に戦えたことに今日もかなりの達成感がありました!

特定行政書士 久保祥子

補足コメント

行政指導監査は、記事中にある「共感の場」という文言が示すとおり、「子どもの最善の利益の実現」という同じ目的を持った者たち(自治体・施設)が、施設内で確認し合う場だと思っています。

当法人の監査立会い業務は、上記の趣旨に沿った形で行うものであり、決して事業者側の味方になって、行政と戦うものではありません。場合によっては、お客様に対して、行政と共に指導させていただく場合もございます。

スポットの監査立会いのご依頼は、これらの趣旨をご理解いただき、利用者(子どもたち)のために、より良い保育を実現したいという思いをお持ちで、日程に都合がつく場合のみお引き受けさせていただいております。

何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

LINEで送る

2019年12月23日10:46 PM0件のコメント

連続監査対応

本日は顧問園の指導監査対応でした。

ほふく室で四つん這いになって膨大な書類と格闘する大人たちを、隣の保育室から不安そうに覗きこむ子どもたちの姿に大変癒されました。(笑)

指導監査対応もこれだけ数をこなすとついつい慣れてしまいがちですが、毎回初心に立ち返り、子どもたちの最善の利益を追求するという目的を忘れないように心がけていこうと思います。

私たちは、保育の指導監査(検査)は、怖いものでも面倒くさいものでもなく、より良い保育の実現のために、行政と施設が互いに確認し合う機会だと思っています。

その「確認」を円滑に行えるように、私たちは終始現場に立ち会うようにしています。

今月はたまたま複数のお客様の監査対応が続いておりますが、一件一件、その心構えで取り組んでまいりたいと思っています。

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2019年12月18日10:01 PM0件のコメント

クリスマス★イルミネーション

当法人が入居しているビル・ダイヤゲート池袋が、とても綺麗なイルミネーションに包まれています。

気分はすっかりクリスマス。

来月は大型の認可申請に加えて現行園の監査対応が複数入っていて、事務所内は全然そんな空気ではありませんが、子どもたちのためにスタッフ一同頑張ってまいります!

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2019年11月27日7:07 PM0件のコメント

保育士の熱き想い

今日は朝から晩まで小規模保育園で監査対応(事業者の代理人)をしていました。お昼も子どもたちの給食の残りをいただきました。(笑)

私はこれまで数えきれないほど保育園の監査対応を経験していますが、今日はこれまで経験したことのない大変驚いた出来事がありました。

それは行政指導担当者が、顧問園の保育士さんたちが書いた日誌を読みながら、涙を流し始めたことです。

泣くほど怒ってるのかと思いきや、「こんなにも温かい気持ちで子どもたちに接してくれる保育士さんたちのおかげで○○区の保育行政は成り立ってるのだなと思うとついつい感激してしまって…」と。

あまりにも意外な展開に、どう受け答えしたらいいのか一瞬固まってしまいましたが、行政指導の保育分野担当者は、多くが元公立保育園の保育士さんなので、自分の現役保育士時代の姿・想いと重なることがあったのかなと思うと、なんだか少しだけ気持ちが分かったような気がしました。

自分も我が子を保育園に託している一人の親として、保育士さんたちの献身的な仕事っぷりにはいつも感謝しています。

そして、自分の仕事の上でも、こんなにも(行政指導担当者を感激させてしまうほど)立派な保育士さんたちと関わることができ、誇らしく思います。

保育士さんの手作りおもちゃ

私たち行政書士法人ふたばの究極の目的は子どもたちの利益ではありますが、その最前線を支えてくださっている保育士さんたちが普段から気持ちよく働けるよう、そして彼女・彼らの想いの実現のために、今後も裏方となって保育業界を支えていきたいと思います。

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2019年6月20日11:52 PM0件のコメント