都庁訪問|業務

保育園手続き支援 法人設立 一般法務|行政書士法人ふたば
行政書士法人ふたばブログ

都庁訪問

本日は、東京都庁の17階と28階にある部署の窓口を訪問しました。
都庁1階では、毎回通る入場ゲートのモーター音が、なぜか子猫の鳴き声のように聞こえたので、ミャーミャー音に癒やされていました。そして、まず17階のNPO法人関連窓口に行き、申請手続をしました。次に25階でエレベーターを乗り換え28階の保育施設関連の窓口に行きました。その部署では、私の様々な質問・要望にもご親切に対応いただけたので、とても有難かったです。

私は実は高所がとても苦手なのですが、28階の部署には今後高い頻度でお世話になると思うので、少しずつ慣れていこうと思っています。

行政書士 久保祥子


2018年11月13日10:50 PM0件のコメント

プリスクール

本日金曜日、今週の締めは、国分寺のお客様のご相談でした。ご相談者様である幼稚園教諭の先生から、学校法人運営幼稚園の暖簾分けで開設したプリスクールの件で、当法人にご依頼をいただきました。

施設もとても素晴らしいのですが、代表の方がとても素敵な女性で、保育施設の制度を調べたうえでプリスクールの今後を考え、当法人にお問合せいただいたとのことでした。

幼稚園特有の規律からの視点で、とても温かいお話が聞けたので、また良い経験ができました。

こちらの国分寺駅前の銅像が、まさに「ふたば」の目指すところだったので、とても嬉しくなりました。今日も素敵な出会いに感謝しております。

行政書士 久保祥子


2018年11月9日11:51 PM0件のコメント

年末調整

先日、いつもお世話になっている公証人先生から定款を受け取った後、ふたばの年末調整の為に豊島税務署主催の年末調整の説明会に行きました。当法人事務のために参加したのですが、説明会では社労士先生、税理士先生の業務の一部を学べて勉強になりました。

法人事務や年末作業がますます多くなってきたので補助者さんまたきて頂きたいな…と思っています。

行政書士 久保祥子

【内部コメント】
自分たちの法人設立時は司法書士業務(登記)の一部ができて、あれも法人設立業務の補完になりましたね。(寺島)


2018年11月7日11:57 PM0件のコメント

夜間の住民説明会

本日は都内某所で久々の夜間開催となる住民説明会。

日中は事務所でこんなものをひたすら製作していました。

こればかりは講師などと違って慣れることはなく、何度経験してもとても緊張します。(必ず前夜は寝不足ですw)

児童福祉施設に関する住民説明会と言えば、悲しい(悔しい)ニュースが続いていますが、私たちは何度でも説明会、戸別訪問を繰り返し、合意形成といいますか、とにかく住民の皆さま一人ひとりにご理解いただけるよう努めています。福祉=善行だから何でも許される訳では決してありませんから…。

ちなみに今日の案件は、ようやく折り返し地点。(苦笑)
まだまだ先は長いですが、将来利用する子どもたちの笑顔を想像しながら、丁寧に取り組んでまいります。

行政書士 寺島朋弥

今日は夜遅くまでとある大型保育園案件の対応でした。
大変でしたが、こちらでは分からなかった住民の方々の心配事などを聞くことができ、とても有意義な会となりました。
期日が迫っているので、難しい事もありますが、できる限り良い方向に対応できるように頑張っていきたいと思います。

行政書士 久保祥子


2018年11月1日12:43 AM0件のコメント

世田谷Week

 

本日は、世田谷区役所で打合わせをしました。
今週、火曜日以外は全て別件での世田谷区案件打合わせ&ご相談です。
様々な方面から世田谷区の保育事情のお話が聞けてとても楽しいです。

行政書士 久保祥子


2018年10月24日10:57 PM0件のコメント

住民説明会に向けて

弊社では常に複数の保育園案件(未開園含めると10園)が平行しているのですが、今月旬なのが東京都内某所での住民説明会の準備(主に資料作成)です。

全国各地で近隣住民の反対が激しく、保育園開設が中止になる事案がありますが、私どもが関わっている案件で絶対にそのようなことにならないよう、1年・2年かけて同じ場所で曜日時間を変えて何度も何度もしつこいくらい行います。

大型保育園ですと、1つの案件が認可までたどりつくのに3年以上かかったりするのですが、その間には本当に大変なことが次々と起こります…。まるで私の前職でいう新作ミュージカル制作並みの大変さです。(笑)保育所設置認可申請に係る各種行政手続は、行政書士業務の中でも、大変さで言うと相当上位だと思っています。(苦笑)

それでも、子どもたちの笑顔のため、事業者さんの熱い想いに自分たちの想いを上乗せして、夜な夜なアツイ資料を作成してまいります。

行政書士 寺島朋弥


2018年10月17日10:04 PM0件のコメント

福祉=正義ではない

今日はお客様が新設する保育園の近隣住民の方に、ご説明に伺ってまいりました。その中で、

「(福祉事業の)私たちは正しいのだからといって押し通そうとするのはとんでもない」

といったニュアンスのお言葉をいただき、ハッとしました。

普段から福祉事業に携わっていると、ついつい「自分たちは社会貢献のために正しいことをしている」と勘違いしてしまいがちです。

どんなことであっても相反する利益というものは当然存在するわけで、例えば子どもの健全育成事業を、毎日目の前で行われると生活に支障をきたしてしまう方も当然いらっしゃるわけです。

どこに妥協点を見つけるかといった技術的なことも大事ですが、その地域社会で暮らしている住民たちの利益のためにも貢献させていただくという姿勢を忘れてはいけないなと気づかされました。

この案件、まだまだ先は長いですが、丁寧な説明を続けて、素晴らしい保育園作りのお手伝いをさせていただこうと思います。

特定行政書士 寺島朋弥


2018年9月10日11:45 PM0件のコメント

特定行政書士

本日は代理人特定行政書士という立場で、理不尽な行政庁と交渉してまいりました。

特定行政書士とは、審査請求等の行政不服申立てができる権限のある行政書士のことです。

実務上、実際に審査請求等の手続きまで我々が行うことは滅多にないのですが、行政との争いの芽がある段階でこの肩書きを利用することは、場合によっては意味があると思います。

事業者さんが行政手続法等を知らないことをいいことに、無茶苦茶な行政指導どころか、(法的な意味で)行政指導にも該当しないようなことを平気で言って、言うことを聞かせようとすることがあまりにも多いのです。

審査請求等の前提になる「処分」までいってしまったら、正直手に負えなくなりますが、その前段階で根拠法令をしっかりと示させる等、法的に単純な対処をしていけば本当の争い(審査請求や訴訟)になる前に防げることは案外多いと思います。

特定行政書士だからいいという訳ではなく、しっかりとした専門分野の知識を持っている行政書士を通して行政庁と交渉することはとても有意義なことだと思うので、ぜひご活用ください。一度我々みたいな面倒くさい(笑)のが代理人として出てくると、もう無茶なことは言ってこなくなるかと…。

ちなみに今日の交渉は、不毛なもの(そもそも行政側の言い分に法的根拠が皆無だったので)ではありましたが、依頼者には大変満足していただくことができました。

特定行政書士 寺島朋弥


2018年9月3日11:58 PM0件のコメント

著作権相談員

昨日は、寺島が劇団四季時代にお世話になっていた方から、著作権に関するご相談を受けてまいりました。

実は私、著作権相談員でもあるのです。

文化庁への登録業務は積極的に取り扱っておりませんが、その前提のとしての契約書作成等には携わらせていただくこともあります。

裏メニューというほどのものではありませんが、知人からのご依頼は、専門分野以外でも可能な限り対応させていただいております。難しい案件の場合は、その道の専門家をご紹介いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

特定行政書士 寺島朋弥


2018年8月14日11:15 AM0件のコメント

ベビーシッター利用支援事業

本日は台風接近による強風の中、東京都庁で行われたベビーシッター利用支援事業の説明会に、お客様である事業者さんに同伴して参加してまいりました。

 

弊社のメイン業務は保育園関係ではありますが、子育て支援のためにも、保育園に入れないご家庭のお子様のため、こういった業務にも積極的に取り組んでまいります。

行政書士 久保祥子


2018年8月8日9:20 PM0件のコメント