まるで新年度|慣れ保育

保育園手続き支援 法人設立 一般法務|行政書士法人ふたば
行政書士法人ふたばブログ

まるで新年度

 今朝は息子たちが2か月ぶりの登園ということで、担任の先生へのあいさつがてら、送りに行ってきました。保育園は“おしたく”の勝手が分からない保護者であふれ、新しい保育園ということもあり、先生たちもまだ慣れていない感じで、まるで4月1日さながら。特に二男が保育される1歳児クラスは壮絶で、出社してから顧問先に確認しても、どこも今日から登園児が急増していて、バタバタしているようでした。

 保育園の事故は、1年を通して4月が一番多いと言います。子どもたち(特に乳児)が慣れていないことによるストレス、新規開設園が多いこと、新任保育士さんたちが多いこと等さまざまな要素が重なり、どうしても4月はトラブルが起こりやすいのです。

 例えば、1歳児クラスの国基準では1人の保育士さんが6人の子どもを見ることになります。そして、一般的に1歳から保育園に通い始める子が多いので、朝は親と離れるのが寂しくて泣きわめく子たちばかり。(うちの二男も凄かったです……。親の立場でもあれはツライです……。)寂しくて泣いている子は、当然抱っこであやさなくてはならないわけですが、1人で6人の子どもを抱っこできる訳ありません! 国の最低基準は、どう考えてもおかしいのです。

写真はイメージです

 もちろんこの時期は、どこの保育園も乳児クラスは補助者を活用するなどして、手厚い保育をしています。じっくりと時間をかけて慣れ保育(“慣らし保育”とも言います。)を行い、徐々に保育者と子どもたちの関係を作っていく期間です。

 つまり、コロナ禍で4月と5月にほとんど保育が行われていないので、このままコロナが落ち着くとなると、今月がその4月(新年度)みたいなものです。私たちも様々な保育園で第三者委員を務めておりますが、より緊張感をもって各園との連絡を欠かさないようにしていきたいものです。

 1日も早く、本当の意味での日常が訪れますように――。

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2020年6月1日9:50 午後0件のコメント

新年度を迎えて

本日から新年度がスタートする訳ですが、4月は保育園にとって、年間を通して一番事故が多く、緊張を強いられる時期となります。

本日から開園という施設も多数ある中、本日が初仕事という新人保育士さんや本日から保育園に通うという親子、通園中の子も進級により慣れない生活がスタートします。

これらの様々な要素が一斉に絡み合って、ドタバタした中、保育を実施しなければならない訳で、事故の危険性も当然高くなってしまう訳です。

今日から我が子を新しい保育園に通わせ始める保護者の皆さんは、慣らし保育(慣れ保育)を面倒だと思わずに、できる限り期間を引き延ばすべきであり、会社(保護者の勤務先)もこの時期の半休ないし時短は子どもの命を守るために必要なことだと理解して欲しいものです。

私どもも関東各地の保育園の顧問をしておりますので、毎年この期間は新年度で行政手続きが混乱する中、事故防止の観点でも特に緊張をしておりますが、それぞれの施設に通う子どもたちの利益・安全を第一に考え、職責を果たしていく所存です。

行政書士 寺島朋弥

(参考)体験談

私、寺島の長男は慣らし保育に2週間かかった上、いよいよ通常保育という日に突発性発疹(まぁ保育園に通いはじめた乳児の多くがかかる感染症)を発症し、1週間登園禁止でさらに延長…ということになりました。幸い私は個人事業主で時間に融通がきき、妻の会社も理解のある会社だったので助かりましたが…。

それにしても当時11ヶ月でしたけど、保育初日に2時間、ずっと泣きっぱなしだったなんて聞くと、親として本当に胸が痛みました…。子どもも親も最初は本当にツライのですよね…。

ちなみにその半年後に転園した際も慣らし保育は当然あり、そのときは1週間くらいで喜んで通ってくれるようになりました。

それはそれで寂しい思いもなくはないですが、いい先生たちに恵まれてたくましく育っていく我が子を見られて、本当に良い経験ができてるなと思っています。

子どもの順応力はすごいので、2~3週間もしたら笑顔で登園してくれる日も出てくるでしょう。日によって違うけど。(苦笑)そのうち喜んで登園するようになるので、今は思いっきり甘えさせてあげてもいいのかなと思います。

LINEで送る

2019年4月1日7:00 午前0件のコメント