処遇改善の手続き代行|処遇改善

認定こども園・保育園・幼稚園のコンサルタント|行政書士法人ふたば
行政書士法人ふたばブログ

処遇改善の手続き代行

最近も某SNSで保育園の処遇改善の手続きは、社会保険労務士の仕事ではないのか?という議論があったので、改めて記しておこうと思います。

結論から言えば、いわゆる認可保育園・認定こども園・(新制度移行済)幼稚園(以下「幼保系」という。)の処遇改善等加算の手続き(書類作成)は、社会保険労務士ではなく、行政書士の業務です。

理由は簡単なことで、幼保系の処遇改善は、根拠法が「子ども・子育て支援法」であり、社会保険労務士の独占業務を定めた「社会保険労務士法別表第1」に、当該法律が含まれておらず、その他の士業法にも抵触しないため、幼保系の処遇改善の書類作成は行政書士の独占業務ということになります。(逆に言えば行政書士兼業でない社会保険労務士がこれをやると違法。

ところが、残念なことに、行政機関(保育課)すらこのことを分かっておらず、処遇改善=給与=労務という安直な考えであったり、先行する介護分野の処遇改善(これは介護保険法が根拠のため社会保険労務士の独占業務)の影響もあってか、社会保険労務士が関わるのが当然と思っている自治体担当者も残念ながら存在するのが事実です。

私は、行政書士として、他士業との職域云々で争いたい訳ではありません。あくまでも、「行政書士さんなんて珍しいけど、やっても大丈夫なの?」という行政機関の誤解を解きたいのです。

確かに、幼保系の行政手続に明るい行政書士はほとんど存在せず(年間で何十園分ものこれらの手続きを行っている行政書士事務所はうち以外に存在しないはず)、残念ながら無資格コンサルタントや社会保険労務士のほうが詳しいケースもあるかもしれません。しかし、法に抵触しながら業務を行うことを行政機関が認めることだけはあってはならないと思います。

逆に言えば、せっかく行政書士の独占業務なのに、誰も行政書士が扱わないままだと、それこそ国民の利益と反することになってしまいます。これは非常に危惧すべき問題だと思っているため、同業者の中に幼保系を取り扱う者が増えるよう、まだまだ努力を続けていこうと考えています。

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2021年9月20日6:10 PM0件のコメント

保育園の処遇改善は行政書士に

先日、電話でのお問い合わせで、「処遇改善の申請を社会保険労務士にお願いしたけど上手くいかなかった」とお話される方(保育関係)がいらっしゃいました。

保育と介護は社会福祉ですし、運営費に関して「処遇改善」といった同じ名称の加算があったりするため同じくくりにされがちですが、保育事業の運営費(委託費・給付費)の根拠法は子ども・子育て支援法になりますので、これらの書類作成は行政書士しかできない業務です。

逆に言えば、介護事業の運営費の根拠法は介護保険法になりますので、これらの手続代行は社会保険労務士しかできない業務です。

とはいえ、どちらも業法に精通した専門家が少ないため、現実的には保育・介護のコンサルタント会社のほうが詳しい場合も多く、多くの事業者さんはそういったコンサルタント会社の助言を受けながら、行政機関とやり取りする中で自ら頑張って手続きをしているものと思われます。

しかし、代理人を立てて一般的な行政手続を行うには、保育事業者は行政書士に、介護事業者は社会保険労務士に依頼するしか合法的な手段がないため(弁護士と行政手続についてはここでは割愛します)、事務代行のような形で依頼を検討している場合は、ぜひこれらの業務を得意とする専門家に相談されることをおすすめします。

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2020年12月10日1:06 PM0件のコメント

心地よい休息

今年度、ルールの大幅見直しで処遇改善等加算 Ⅰ ・ Ⅱ の申請が全国的に大混乱な中!
本日は仕事帰りに業界仲間の先生と近所で軽く飲みました🍺
久々の女子トークは楽しかった〜〜😆🎵
緊急対応が多い今だからこそ、合間を縫って楽しい休息を入れないと参ってしまいますね‥😂
 
明日も新規のお客様のご相談対応。。
『ご安心』をお届けできるように頑張ります!
本日のトマトIPA美味しかったです〜✨
 
 
特定行政書士 久保祥子
LINEで送る

2020年9月10日11:59 PM0件のコメント

処遇改善特別対応について

9月から全国の自治体で令和2年度処遇改善等加算の加算率認定申請が順次始まっています。

当法人では10を超える保育園様について一斉に対応中のため、9月いっぱいは原則としてあらゆる新規の案件をお受けできない状態になっております。

しかしながら、今年大きな変更があり、9月9日時点でも未確定要素の残る今回の処遇改善については、全国各地の保育園様がお困りのことと存じます。

できる限り1ヶ月限定顧問のような形で順次お受けさせていただいておりますので、お早めにご相談ください。それでも対応できる数には限りがございますので、打ち切りの際は何卒ご了承ください。

LINEで送る

12:02 AM0件のコメント

保育士さんのおかげです

都内の各地で保育園内での新型コロナウィルスの感染が確認されています。

私の子どもたちが通う保育園では、今のところ感染情報はありませんが、日々の欠席者・理由が掲示されたり、度々緊急メールが来たり、保護者についても体調によっては送迎が制限されたり、神経質になってきているのが分かります。

そして、保育園の現場は、密閉・密集は避けられても、密接だけは避けることはできません。乳幼児にとっては、肌と肌で触れ合うことこそが保育であり、何よりも大切なことだからです。

しかし、現場の保育士さんたちは、子どもたちにはもちろんのこと、私たち保護者に対してもいつも笑顔で、不安な様子は一切見せません。本当は危険と隣り合わせの中、不安な毎日であるはずなのに…。

世の中のお母さん、お父さんたちが、普段どおり働けて、社会が回っているのも、保育士さんたちが頑張ってくれているおかげであり、私もそのおかげで仕事に専念できているので、心から感謝しています。

幸いなことに、私たちの仕事は、そんな保育士さんたちを間接的に支援している仕事です。

保育士さんをはじめとする園の職員さんたちの処遇(お金の面だけでなく、業務負担の軽減も含めて)が少しでも良くなるよう、先生たちへの感謝の気持ちをこめながら日々全力で取り組んでまいります!

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2020年7月16日10:13 PM0件のコメント

保育研究

昨日から本日にかけて、保育プラザで行われた保育制度の研究集会に、私と寺島および元保育士行政書士の青柳夏苗先生の3人で参加してまいりました。

日々保育運営実務に携わっているので、保育士さんの処遇改善に関する話や保育の実践評価に関する話はとても勉強になりました。

今後も保育業界の研修に積極的に参加して行こうと思います!

特定行政書士 久保祥子

LINEで送る

2019年10月28日9:35 PM0件のコメント

後進の育成

毎年夏から秋にかけて、保育士等の処遇改善等加算Ⅰ,Ⅱの昨年度実績報告や、今年度の加算率認定申請のラッシュです。

そのうえ今年は社会福祉法人設立認可申請の本申請準備も同時に行っており、うちのような小規模事務所では結構手一杯になっていて、ろくに休みも取れない状況です。

また、うちがメインで扱うこれらの業務は、同業者に詳しい人(児童福祉法、子ども・子育て支援法及び社会福祉法を熟知してる先生)がほとんどいらっしゃらないため、簡単に応援を頼めるものでもありません。

そこで、今後は後進を育てることを本気で考えていかなければならないと思っています。

うちと協業する最低条件(=理念)は「子どもの最善の利益のために尽くす気持ち」があること。児童福祉分野は行政書士界的にはブルーオーシャン(ライバルがほとんどいない)なのは確かですが、お金稼ぎに重点を置いていては、とてもやっていけない分野です。

これだけ待機児童だの子育て支援だのニュースで騒がれているのに誰も気づいていない訳ではなく、参入しようと思いつく人はたくさんいるはずで、それでも数が少ないのは、それなりに難しい理由があるからです。

しかし、私たちは5年間先の理念を一心に抱きながら取り組んできて、ここまでやってきました。この思いを共有できる後輩を育てて、児童福祉業界の発展のために取り組んでいける仲間を増やしていきたいというのが、今後の一つの目標です。

そのためにも、まずは目の前のお客様とそこに通う子どもたちの笑顔のために、日々全力で業務を行ってまいります。

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2019年9月22日7:56 PM0件のコメント

処遇改善等加算のサポート

公定価格の処遇改善等加算ⅠおよびⅡは、認定申請から実績報告まで1年のスパンがありますが、その間にも気をつけなければならないことが多く、大変複雑な制度です。

当法人では、データベースアプリケーションを活用し、お客様ごとに全職員の賃金データのデータベースを構築して効率的に運用することで、これらの行政手続きを円滑に進めることが可能です。

相談業務として、処遇改善等加算制度の解説と運用面の注意点(職員への配分方法等)をアドバイスさせていただくことも可能です。

処遇改善の事務手続きでお困りの方は、お気軽に当法人にお問い合わせください。

LINEで送る

2018年6月22日10:17 PM0件のコメント