監査の簡素化には断固反対|保育園

認定こども園・保育園・幼稚園のコンサルタント|行政書士法人ふたば
行政書士法人ふたばブログ

監査の簡素化には断固反対

 現在、保育園等には年に1回以上の実地指導検査が入ることになっている。その根拠は、児童福祉法施行令第38条及び第35条の4に定められている。ところが、今年4月1日から同施行令が改正され「実地」の要件が削除されようとしていており、現在パブリックコメントが実施されている。私は、この改正には以下の理由により断固反対の立場である。

第1 現場に赴くことに意味がある

 私はコロナ禍まで多いときで年間10回程度、行政指導監査に立ち会ってきた。その中で、現場でしか分からないことが数多くあることを実体験してきた。監査は、自治体にもよるが数か月前の集団指導から始まり、1か月前の書面提出(事前調査)があり、当日を迎えることになる。そこで、事前の書面だけの状態では表面化していなかったことが、実地検査当日に検査係との質疑応答の中で現れる場面を何度も見ているのである。また、監査には通常保育実践のベテラン(公立保育所で長年施設長を務めた者等)が同行しており、保育の状況に対しても指摘する。

 例えば、私は8年この仕事をしているが、顧問契約を締結する時点で必ず保育時間内に施設を見学させて頂いている。理由は子どもの姿を見ることで、その施設が抱えている課題が漠然と浮かび上がってくることもあるからだ。保育の素人の私でさえ現場に入ることでいろいろと感じることがあるが、保育のベテランの場合はその比ではないであろう。この事例からも、現場にこそ課題がある訳で、指導監督する立場の行政機関がそれを怠ることは考えられない話である。

第2 現に守ってこなかった自治体にお墨付きを与えることになる

 普段保育に関係していない人からしたら信じられない話かもしれないが、年に1回の実地指導検査は、うちの顧問先がある自治体だけで見ても、8割程度しか実施していなかったのが現状だ。(2年に1回実施等、法令を守っていない場合はカウントしない。)それもコロナ禍前の話で、令和2年度以降は1割程度である。理由はどうあれ、政令で定められている義務を履行していない自治体がある上で今回の改正を行うことは、まるで守ってこなかった自治体に合わせることで法令違反の常態を無くそうとしていると思われても仕方ないのではないか。

第3 企業に対するけん制効果がある

 平成27年に施行された子ども・子育て支援新制度により誕生した小規模保育事業は、少ない投資で開設することができることから、株式会社の参入が相次いだ。株式会社は営利目的の企業であるため、利益を追求するために徹底的にコストカットを行う。そのこと自体は企業の存在意義からも当然のことだが、そもそも児童福祉の理念が薄い経営者は、安易に質を落とす方向に進みがちだ。現に顧問先に限らず、様々な会社から相談を受ける際「この程度なら監査で引っかからないか?」という質問が非常に多いことからも、企業が行政指導監査をいかに恐れているかが伺える。倫理的な話にはなるが、書面では解釈の仕方等でグレー化できても、現場では誤魔化せないことは山ほどあるのだ。例えば職員に対する抜き打ち面接がいい例だ。このことからも、児童福祉の理念を掲げずに参入してきた企業に対するけん制効果を併せ持った行政指導監査は簡素化すべきでないのは明らかである。

第4 改正理由が時限的な問題である

 この改正の理由として「新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止」とあげられているが、コロナ禍を理由として恒久的に簡素化させる(実地を要件から外す)というのは筋が通らないのは明らかだ。現に、令和2年度以降多くの自治体が実地を見送っているのが現状だが、そのこと自体はやむを得ないと思っている。真に感染拡大防止が目的であるのなら、コロナが収束するまでの時限措置とすべきであろう。

 

 以上であるが、保育の質の維持・向上の観点から監査は安易に簡素化すべきではない。いわゆる認可保育園は、運営費のほとんどが消費税を主な財源とする公金で賄われているため、全国民にとって他人事ではないのである。賛同頂ける方には、是非パブリックコメントにご自身の意見を寄せて頂きたい。

行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2022年1月10日11:46 PM0件のコメント

入札執行

先日、某市の保育園整備に係る入札執行の立会いをいたしました。

民間事業者が補助金を利用して保育園を整備する場合、施工業者の選定にあたっては基本的に入札を行う必要があります。

あまり具体的なことを書く訳にはいかないのですが、行政に提出する書類作成が必要なので、入札手続き全体の支援をさせていただくことがあります。

ちなみに、入札執行当日の進行・立会い等をお手伝いさせていただく場合は、下の写真のような鍵付きふたば特製入札箱をレンタルしています。

年に1~2回しか出番はありませんが、数千万円~数億円というお金が動く手続きですので、誤りのないよう確実に実施させていただいております。

来年も既に1件決まっておりますが、初めての入札等でお困りの場合はお気軽にお問い合わせください。場所にもよりますが、首都圏でしたら当日のサポートまで含めてお手伝いさせていただきます。

行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2021年12月29日10:34 PM0件のコメント

戦うときは戦います

現在の子ども・子育て支援新制度は非常に複雑です。私たちも実務として業務をこなせるようになるまで、何年もかけて勉強をしてきて、今も刻々と変わる制度を必死に追いかけている状況です。

そのくらい難解な制度なので、自治体の担当者も皆が皆、制度を理解しきれている訳ではありません。驚かれるかもしれませんが、これは事実です。

しかし、考えてみたら当然のことです。先に何年もかけて勉強を続けていると記しましたが、自治体職員は毎年4月に人事異動があったりして、長い年月同じ部署にいることは珍しいものです。つまり、一つの制度のことを何年もかけて勉強する機会なんて保障されていないのです。

そういう訳で、たまにびっくりするような事案が発生します。

一例として処遇改善等加算の実績報告時に、「○百万円足りていないから、支払うように」なんて指示が平気で来たりして、驚いた事業者さんがうちに相談にいらして、正式受任後、電話一本入れるだけ(当然論理的に武装して話します)でゼロになることもよくあることです。

同じ担当者が担当している他園で同じことがあったとしても、多くは「お上の言うことだから間違いないのだろう」と諦めて支払うのではないでしょうか。我々のような専門家の存在が知られていないことも問題ですが(業務独占している行政書士のほとんどがこの制度を知らないことはもっと問題ですが)、理不尽なことがあったら納得いくまで行政側と交渉することも必要なことだと思います。

知識の差で、どうしても難しいのであれば、そういう時こそ私たち専門家を頼って欲しいと思います。

普段は子どもの福祉のために、事業者と行政の間の手続きが円滑に進むよう円満に進めるように心がけていますが、いざという時は戦います。私たちは7年間、何十もの自治体の保育行政に関わっています。どうかその実績と知識を信じて、お気軽にご相談いただけますと幸いです。

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2021年10月28日11:22 PM0件のコメント

書類の山

保育園を開設するためには、膨大な量の書類が必要です。例えば先週提出したばかりの書類がこれ。

インデックスシールだけで約700枚です。中には保育士さんたちが分担して頑張って作成する保育事業者さんもありますが、正直どうなのかなと思います。

慣れてない人たちで進めると、どうしても形式的な不備が多くなり、受理されるまでに大変な時間を要し、延々と行政とのやり取りが続くことになります。

我々は書類のプロですので、基本的に一発で受理されないと恥ずかしい話であり、形式的な問題(窓口に持参した段階で発覚するような不備)で指摘を受けるようなことはほぼあり得ません。

審査に入ってから細かい指摘があり、補正が必要な場合はあるのですが、大抵は想定の範囲内(微妙な事案を理由書で何とか説明している場合など)だったりします。

理由は、作成する段階で法令を確認しながら進めるため、単純な不備はあり得ないのと、ファイリング作業の段階でも、複数人で何重にもチェックを行うため、添付漏れといったことも発生しにくいのです。

自分たち(特に残業代が発生しない管理職たち)でやると、お金の節約にはなるかもしれませんが、たくさんの時間を使うことになります。その時間に見合った知識が得られるのであれば有用かもしれませんが、残念ながらこのような申請手続きの上っ面だけでは、体系的に知識を得ることは不可能です。その時間を本業に直接活かせることに使ったほうがよほど社会のためになると考えます。

多くの経営者がそのような視点で物事を考え、専門知識が必要な作業は専門家に任せるといった風潮になることを願っています。

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2021年10月13日10:06 AM0件のコメント

認可書

今年度も当法人が関わらせていただいた4月1日開設案件は、すべて無事に開園いたしました。

うちは認可書を納品するときは、このようなファイルで納品します。

認可書といっても実物はA4のザラ半紙1枚です。〇百万円もお支払いいただいた納品物がまさか紙切れ1枚という訳にもいきませんので、こういうところにはこだわりがあります。

※もっとも申請書類の控え等、他にも納品物はたくさんありますが、究極の成果物という意味です。

令和4年4月1日案件は、まだ若干の余裕がありますので、ご検討されている方はお早めにお問い合わせください。(代理申請は首都圏に限りますが、あと1件空きがございます。)

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2021年4月5日10:01 PM0件のコメント

祝・ご入園

本日、保育園にご入園されたみなさま、おめでとうございます。

現実には、慣れ保育初日で、乳児だと引き渡すときに大泣きされて辛い思いをされたことと思います。

私自身も、当時0歳だった子どもを保育園に預けた初日の辛さは、今でもはっきりと覚えています。

しかし、保育園の先生たちに2~3週間もしたら言われると思いますが、子どもの順応性はすごいです。おそらく2週間もしたら、離れるときは多少泣いても、親の姿が見えなくなったとたんに笑顔になり遊ぶ姿が見られるようになったりします。

※4月は行政手続きの量がものすごく、業務内容や状況によっては丸一日保育園で仕事をしていることもあるので、ある意味今の私は一番客観的に見られる立場だったりします。

なので、罪悪感を感じることなんてありません。子どもの力と園の先生を信じて、楽しい生活の場へ送り出してあげましょう。そして、仕事が終わり、お迎えに行ったときに子どもが抱き着いてくると、一日の疲れなんて吹っ飛ぶことでしょう。(注:1歳半を過ぎると帰るのを嫌がったりする子もいますが、それはそれで成長の証です。)

今日入園した子どもたち一人ひとりが、一日も早く園生活に慣れ、素晴らしい日々を送れるように心から願っています。

行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2021年4月1日11:56 PM0件のコメント

入札執行!

昨日は、某保育園の整備に関する入札執行のサポートをさせていただきました。

入札と言えば、公共工事をイメージされるかもしれませんが、私立の保育園であっても、補助金(税金)を使って整備されるものは、入札が必要なケースがほとんどです。

そんな事情もあり、保育園の認可を多数手がけている行政書士法人ふたばは、入札とも関わりが深いのです。(ちなみに行政書士の王道業務である建設業許可は、私も久保も一切関わったことがありませんし、その分野については完全に無知です。)

入札執行については、業務の性質上、ここでは具体的に書くことはできないのですが、入札公告の作成から当日の司会進行、執行補助や立会人といった形で、うちの補助者も一緒に参加するケースが多いです。

昨日は、先月入社の補助者にも立会人を務めてもらい、とてもいい経験になったかと思います。

私どもは、保育事業者さんが安心して本来の「保育」の準備に集中できるよう、認可書類の作成だけでなく、入札の補助や様々な契約についてお手伝いしています。

これから認可保育園や認定こども園化を考えている保育、幼児教育事業者さんは、是非お気軽にご相談ください。

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2020年12月19日4:27 PM0件のコメント

幼稚園と保育園の違い

つい最近もあったことですが、幼稚園保育園の違いをはっきり分かっていらっしゃらない方は、案外多いです。(特に独身男性)

何が違うの?と聞いてくれれば分かり易く説明できるのですが、曖昧なままの方も結構いらっしゃいます。

そこで今回は、今の時期に合わせて、夏休みを例に両者の違いを解説してみましょう。

まず、幼稚園には夏休みがあります。これは別に意外じゃないですよね。

しかし、保育園には夏休みはおろか、お盆休みすらありません。これは、両者の違いをよく分かっていないと理解できないと思います。

つまり、幼稚園は家庭保育が可能な家の子が、教育のために日中4~5時間行くところなので、夏休みがあるのです。

逆にいわゆる認可保育園は、両親が共働き等で、家庭で保育ができないケースでないと利用できないため、当然長期休暇などあるわけがありません。(一般的な会社員や公務員が休みである、12/29~1/3はさすがに保育園もお休みです。)

いかがでしょう?細かい違いはまだまだたくさんあるのですが、夏休みの有無だけで、それぞれの目的が全然違うことがお分かりになるかと思います。

ちなみに余談ですが、両者が合体したような形である認定こども園は、同じ園の中に、夏休みがある子(いわゆる1号子ども)とない子(いわゆる2・3号子ども)が混在しています。この話はやや複雑になるので、またの機会に…。

決して少なくない公金が投入されている幼児教育・保育施設について、多くの大人に正確に(子どもたちへの投資の重要性も含めて)理解していただきたいという思いから、たまにこういった基本的な情報発信もしていきたいと思います。

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2020年8月5日10:54 PM0件のコメント

とある株式会社の話

 先日、保育事業のかたわら、輸入・物販事業を営んでいる株式会社の社長さんが突然当事務所に訪れ、大量のマスクを置いて行かれました。

 当然、自治体等から保育園に支給されたものではなく、自社で輸入したものを無償提供してくれたわけです。私たちが連日各地の保育園を訪ね歩いていることを知っているので、少しでも役に立ててもらえればとのことでした。

 保育事業を営む株式会社(営利目的企業)は、非営利団体などから何かと叩かれやすいものですが、中にはしっかりした理念を持って、いい保育園運営をされている事業者さんも存在します。うちの顧問先にも株式会社は複数社あり、先述の社長さんのように、自社の社員だけでなく、取引先のことまで気遣ってくれる素敵な会社もあるのです。

 社会福祉法人だから…株式会社だから…と偏見を持つのではなく、経営者や園長先生の人柄・理念こそが大事であり、そこに寄り添いつつ、子どもたちの利益を考えていけるようにしたいものです。

 そして、いざというとき、困っている人(会社)に対して、多くを語らずさりげなく手を差し伸べられる、そういう経営をしていきたいものです。

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2020年5月25日9:46 PM0件のコメント

ある企業主導型保育園にて

今日は平日昼間というのに、子どもがいない企業主導型保育園で打ち合わせでした。

なんと今の時期を逆手にとって、子どもたちの遊び場を自費(補助金に頼らず自社で工面)で施工している最中でした。

株式会社の企業主導型保育園であっても、こういう園は実際に存在します。

私たちは、運営主体の法人格や園の種別で差別せず、本当に子どもたちの利益を第一に考える保育園とその職員さんを全力でお支えします。

当法人は企業主導型保育事業の立ち上げ(施設整備)は取り扱っておりませんが、現に運営をしていて、より良い環境を作りたいというご相談には応じております。

園の種別を問わず、保育園の運営にお困りの方は、お気軽にご相談ください。

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2020年5月15日11:14 PM0件のコメント