仕事納め|ブログ

保育園手続き支援 法人設立 一般法務|行政書士法人ふたば
行政書士法人ふたばブログ

>12月>2019

仕事納め

令和元年の仕事納めは世田谷区役所第二庁舎の保育課。

今年何回通ったか数え切れませんが、間違いなく一番多く訪れた庁舎ですので、締めとして相応しい場所だったと言えます。

来年からは、運営事務もお手伝いさせていただくため、より世田谷区の保育行政と密接に関わっていくことになります。日本一待機児童の多い自治体で、いい保育環境を作れるよう、しっかりとサポートさせていただこうと思います。

ちなみに、下の写真は世田谷区の保育課の窓口に掲示されているものです。

行政に提出する書類を、行政書士以外の者が対価を得て作成するのは法律で禁止されていることを注意喚起しているものです。

一部例外はあるものの、保育園に関する行政手続き書類(認可申請は当然のこと、普段の運営費等の補助金申請なども含む。)のほとんどは行政書士の専管業務です。

知らないうちに違法行為を助長することがないよう、行政手続きといえばまずは私たち行政書士にご相談いただければと思います。(逆に私たちが対応できない業務は、信用のできる資格者を紹介します。)

何はともあれ、この1年で法人として20園近い保育園をご支援させていただき、10園以上の監査対応もさせていただきました。

この間に培ってきた知識を活かして、来年もより多くの子どもたちのために、いい保育環境を作るお手伝いをさせていただきたいと考えています。

来年も行政書士法人ふたばを、何卒よろしくお願い申し上げます。

特定行政書士 寺島朋弥


2019年12月27日10:06 PM0件のコメント

今年最後の監査対応

本日は、顧問先様の小規模保育事業の保育園の監査対応でした。地域型なので真剣な自治体監査の対応は本当に大変でした。

朝早くから…7時間ほぼ休憩なしでずっと話し続けました。

運営で毎日電話はしていますが、監査は年に1度の自治体担当者との共感の場でもあるので、保育の為に一緒に戦えたことに今日もかなりの達成感がありました!

特定行政書士 久保祥子

補足コメント

行政指導監査は、記事中にある「共感の場」という文言が示すとおり、「子どもの最善の利益の実現」という同じ目的を持った者たち(自治体・施設)が、施設内で確認し合う場だと思っています。

当法人の監査立会い業務は、上記の趣旨に沿った形で行うものであり、決して事業者側の味方になって、行政と戦うものではありません。場合によっては、お客様に対して、行政と共に指導させていただく場合もございます。

スポットの監査立会いのご依頼は、これらの趣旨をご理解いただき、利用者(子どもたち)のために、より良い保育を実現したいという思いをお持ちで、日程に都合がつく場合のみお引き受けさせていただいております。

何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。


2019年12月23日10:46 PM0件のコメント

法教育見学

本日は、長野県塩尻市で青柳夏苗先生が開催した法教育を、寺島と久保で見学に行ってまいりました。

個人行政書士で市と教育委員会の後援を受けて、公共施設で実践することもそうですが、それより小学生低学年対象に90分のボリュームということが大変興味深いものでした。

みんなでルールを作りながら輪投げ遊びを実践していく中で、「きまり」の意味を自然と学んでもらうという斬新なスタイルや、法律クイズを取り入れて楽しみながら進めていく形で、見事に90分を使い果たし、終了時に目をキラキラ輝かせている子どもたちがとても印象的でした。

私が実践していたときもそうですが、子どもたちは時に鋭い意見や質問を投げかけてくるので、我々もいつもハッとさせられます。

今年は残念ながら自分では実践できそうにないのですが、法教育については今後もライフワークとして常に考えていきたいと思います。

特定行政書士 寺島朋弥


2019年12月22日11:43 PM0件のコメント

連続監査対応

本日は顧問園の指導監査対応でした。

ほふく室で四つん這いになって膨大な書類と格闘する大人たちを、隣の保育室から不安そうに覗きこむ子どもたちの姿に大変癒されました。(笑)

指導監査対応もこれだけ数をこなすとついつい慣れてしまいがちですが、毎回初心に立ち返り、子どもたちの最善の利益を追求するという目的を忘れないように心がけていこうと思います。

私たちは、保育の指導監査(検査)は、怖いものでも面倒くさいものでもなく、より良い保育の実現のために、行政と施設が互いに確認し合う機会だと思っています。

その「確認」を円滑に行えるように、私たちは終始現場に立ち会うようにしています。

今月はたまたま複数のお客様の監査対応が続いておりますが、一件一件、その心構えで取り組んでまいりたいと思っています。

特定行政書士 寺島朋弥


2019年12月18日10:01 PM0件のコメント

夢の国のお隣で

本日は、お問合せいただいた地域型の保育園様に処遇改善等加算や保育士処遇等の補助金についてご説明をさせていただきました。

初めての自治体だったのですが、国や都道府県などが補助金の大枠ルールを決めて、自治体が更に独自ルール(要綱等)で補助金や加算をつける形は変わらないので、お客様のPDFやエクセルデータを見せていただきながら、2時間休むことなく話し続けました。

お客様も相談相手がいなくてとても困っていたご様子で、お力になれて本当に良かったなと思いました。

帰りの電車から、クリスマス感🎄たっぷりの夢の国✨🏰を見ながら、普通に帰りました😂

特定行政書士 久保祥子


2019年12月14日9:57 PM0件のコメント

Xmas会

本日は、当法人の所属しているビルのXmas会でした。
娘を連れて行ったので、気が大きくなり‥ボディジェルアートなど‥

で、法人ロゴ😆🌱

特定行政書士 久保祥子


2019年12月11日10:12 PM0件のコメント

慣れ・堕れ・崩れ

私の20代のすべてを懸けていた劇団四季の稽古場には、「慣れ・堕れ・去れ」という掲示物がありました。

元々は今は亡き代表の浅利慶太先生が「慣れ・堕れ・崩れ」と言っていたのが、いつしか「慣れ・堕れ・去れ」に変わったもので、初心を忘れるなと自分たちを戒めるための言葉でもありました。

これはどんな職業にも当てはまることだと思います。

私たちは普段から1通で何億円もの金銭が動く書類を処理していますが、慣れて惰性で行ってしまったら、とんでもない事故につながります。

私たちが支援させていただいている、命を預かる保育業界だって同じこと。

若いころ、一つ一つ、一瞬一瞬に緊張感を持つのが当たり前の劇団四季で過ごしていたおかげで、今の自分があるのだなとふと思ったので書いてみました。

どんなことであっても、過去の経験は決して無駄になりませんね。劇団四季での経験を大事にしつつ、今後の仕事に活かしていこうと思います。

特定行政書士 寺島朋弥


2019年12月7日11:35 AM0件のコメント

白梅保育セミナー

本日は、私と寺島、そして一緒に保育制度の勉強をしている青柳夏苗先生とで、白梅学園大学で行われた白梅保育セミナーに参加してきました。

様々な角度から保育実践を学びました。

今後は、より保育士さんの立場を踏まえて監査対応などしていきたいと思います。

特定行政書士 久保祥子

保育実践を学ぶ理由

当法人の主要業務の一つとして、監査対応がありますが、特に保育部門は監査官が元公立保育園の園長先生だったりすることもあり、そうなると私たちは保育のプロ同士の間に入ることになります。

それぞれと対等に話すには、当然保育実践の基礎知識も押さえておく必要があるため、私たちは休日を利用してこのような研修会に積極的に参加しています。(寺島朋弥)


2019年12月1日10:25 PM0件のコメント