行政書士手帳|ブログ

保育園手続き支援 法人設立 一般法務|行政書士法人ふたば
行政書士法人ふたばブログ

>11月>2019

行政書士手帳

今年も来年の行政書士手帳が届きました。(行政書士向けに有料頒布されているものです。)

使い勝手の善し悪しはともかく、6年間使い続けていることもあり、今更他の手帳に変えられなくなってます。また、付属の法令集がとても便利で、特に福祉関係を扱う場合、社会保険労務士との業際を意識しなければならないため、かなり重宝しています。(苦笑)

ちなみにふたばマーク(当法人ロゴ)の栞は、手帳とは一切関係ありません。私たちと一緒に保育法務を学んでいる元保育士行政書士の青柳夏苗先生から、手帳到着と同時にたまたまいただいたものです。(笑)

来年もスケジュールをギッシリ埋められるよう、励んでまいります。

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2019年11月29日11:28 午後0件のコメント

クリスマス★イルミネーション

当法人が入居しているビル・ダイヤゲート池袋が、とても綺麗なイルミネーションに包まれています。

気分はすっかりクリスマス。

来月は大型の認可申請に加えて現行園の監査対応が複数入っていて、事務所内は全然そんな空気ではありませんが、子どもたちのためにスタッフ一同頑張ってまいります!

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2019年11月27日7:07 午後0件のコメント

連続登記

顧問先さまの2度目の法人登記が完了し、登記事項証明書を受け取りました。

社会福祉法人は設立直後に役員改選があるのですが(詳しくは11月10日の寺島の記事参照)‥ふと気付いたら1がいっぱい並んでました!

特定行政書士 久保祥子

LINEで送る

2019年11月15日10:20 午後0件のコメント

議事録作成(会議支援)業務

昨日はお客様の議事録作成業務のため、早朝から夕方まで対応していました。

平成29年の制度改革後の設立された社会福祉法人は、設立直後に4つの会議を連続して行う必要があります。

まず、設立時の(いわば仮の)理事による理事会で、評議員を決めるための評議員選任・解任委員会の規則を決めたり、委員を選んだりします。(その他にもいろいろ決めます。)

次に、評議員選任・解任委員会を開催し、評議員を選びます。

続いて評議員会を開催し、正式な理事や監事、役員報酬等を決定します。

最後に正規の役員による理事会を開催し、理事長等を選定し、各種規程を制定したりします。

これらを通常一日で行うため(当然最初の理事会以外は招集手続を省略するための根拠が必要です。)、社会福祉法人に関する法令を熟知している者が一人はいないとかなり厳しいと思います。

当法人の議事録作成業務は、基本的に招集手続(招集通知書、議案参考資料作成等)から当日の立ち会い、議事進行中の助言、議事録作成までがセットになっておりますので、社会福祉法人設立直後の4連続会議などは非常にヘビーな業務になります。

しかも、直後の役員登記や寄付財産移転完了報告といった行政手続のために、議事録は即日押印までして完成させ、その他にも就任承諾書等の何十枚もの押印書類をその場でチェックする必要があるため、かなり神経を使います。

20人ほどの関係者のお時間をいただいているため、絶対に手落ちがあってはならないので、相当な緊張感がありますが、無事に終わったときの安堵感は、大型案件並みのものがあります。

現在は保育・幼児教育分野に限定させていただいておりますが、今後も非営利法人の法務支援にも積極的に関わっていきたいと思いますので、法務でお困りの事業者さんはお気軽にご相談いただければと思います。

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2019年11月10日7:30 午後0件のコメント

オレンジリボン運動

11月は児童虐待防止月間です。

行政書士法人ふたばも、協賛企業として登録されておりますが、まだまだ街頭活動に参加する余裕はないため、今の私たちでできる範囲で啓発活動を行っております。

のぼりとユキマサ君

行政書士バッジとオレンジリボンバッジ

今月に限らず、子どもたち一人ひとりの権利を守るため、日々の業務に取り組んでいこうと思います!

特定行政書士 寺島朋弥

LINEで送る

2019年11月2日1:14 午後0件のコメント

社会福祉法人設立認可書交付式

本日はお客様の「社会福祉法人設立認可書交付式」に同行しました。

認可書受領後、司法書士の先生と法務局に駆け込み設立登記申請を行いました。

司法書士の作業を笑顔で見守る寺島

保育園に関連する手続きで、即日登記の必要があったためです。

私たちが受任してから2年がかりの案件が一段落し、安心しました。

特定行政書士 久保祥子

補足

※社会福祉法人は公益性の高い法人のため、設立認可の際は、セレモニーの形で交付式が挙行される場合があります。

※当法人は、大型案件の場合はこのような行政書士専用ファイルで認可書等を納品いたします。

LINEで送る

2019年11月1日9:50 午後0件のコメント