保育とICTとVBAと|ブログ

保育園手続き支援 法人設立 一般法務|行政書士法人ふたば
行政書士法人ふたばブログ

>8月>2019

保育とICTとVBAと

私は保育園運営の日々の申請業務を8園ほど同時に行っているのですが、作業を1人でこなすには厳しい時があります。その時は優秀な補助者!『VBA』(Excelマクロ)!さんの力が必要です!

行政の申請書式は毎回変わったりするので、ガッチリとは組めないのですが、ちょっとした繰り返し作業をお願いすると、ミスなくこなしてくれます。

最近自治体もICT化・クラウド化が進んでいます。先日自治体の説明会に参加したのですが、個人情報保護の関係もあり、いまいち作業が簡略化されないような気がします。むしろ前より作業が増える可能性も…。

さらに、幼児教育無償化も始まり、自治体職員さんも事業者さんも益々作業が大変になると思われます…。

昨年度版と本日発売の最新版

慣れるまで大変ですが、子どもたちの笑顔のために頑張って行きましょう!私自身にも活を入れました!

特定行政書士 久保祥子

 


2019年8月23日11:08 PM0件のコメント

実務経験

こんにちは、使用人行政書士の平野です。

先月から、東京都庁にNPOの届出書類を提出したり、相続手続を受任したりと、登録したから当たり前なのですが、行政書士として仕事をしています。

まず、届出書類について作成段階から考えさせられました。ちょっとした変更の届出で、記載例を見れば作れる書類でしたが、必ず根拠条文に戻って書類を作るようボスから指導を受けて作成しました。必ず条文に根拠があるということ。書類作成のプロたる所以を思い知らされました。

相続手続についても、無事に完了してほっとしています。依頼人ご家族の大切なご遺産についての手続きであることを実感しながらの仕事でした。伊藤塾の実務講座などでも相続手続の勉強を積んでいましたが、机上の勉強では得られないものが多くありました。

相続が発生すると多数の手続きがあります。行政書士に相談することで、ワンストップサービスが受けられるということはもっと周知されていいと思いました。登記は司法書士へ、相続税など税務申告は税理士へ、紛争性があれば弁護士へと、こちらから紹介できるので、相続人が専門家を探し回る手間もなく大変便利です。

今回も不動産の相続登記部分は、ボスと長年お付き合いのある司法書士の先生にお願いしました。ご経験豊富な先生で、迅速に進めてくださいました。このような士業同士の連携はとても大切なことを目の当たりにしました。

今後も一つ一つ丁寧に経験を重ねていきたいです。

行政書士 平野川子


2019年8月20日4:31 PM0件のコメント

避暑地気分

本日は顧問先様の打合せの為、世田谷区役所に行きました。

突然の大雨やギラギラの太陽…不安定な天候の中、辿り着いた区役所の食堂はちょっとした避暑地のようでした。

帰り際、食品サンプルのビール大ジョッキを見て、誘惑に負けないように頑張りました。

特定行政書士 久保祥子

建設中の新園舎

建設中の新園舎

 


2019年8月14日10:09 PM0件のコメント

保育園支援業務研修

長野県塩尻市から青柳夏苗先生(行政書士・保育士)に来ていただき、業務研修を3日に渡って受けていただきました。

ふたばとしては正式な業務研修を行うのは初めて。保育園に関する行政書士業務(認可申請から運営までの総合支援業務)について、しっかりと講義させていただきました。

最終日の夜は、打ち上げを兼ねての重要会議。保育業界についての展望や、今後私達がどのように保育業界に携わっていくかを話し合いました。青柳先生の保育経験のお話もたっぷり聞かせていただき、こちらも良い経験をさせていただきました。

お土産も沢山いただきました。

ありがとうございました。

特定行政書士 久保祥子


2019年8月11日4:03 PM0件のコメント

159,850件

先月から多忙を極めておりまして、久々の投稿になってしまいました。

さて、タイトルの数字は何の数字がお分かりでしょうか?

2018年度中に把握された児童虐待件数です。これは事件として処理された件数ですので、実際はもっと多いことは言うまでもありません。

警察から児童相談所への通報が急増し、一昨年度よりも2割増えたということですが、どんな事情があれとんでもない数字です。

虐待死の8割が3歳以下でその半分が0歳児という痛ましい統計も出ていました。

昨日は、朝刊の社会面にこの記事が詳細に載っていて、児童相談所が人手不足で大変なことになっているという記事の横に、児童相談所職員による児童への性的虐待の記事が…。

子どもたちは、一体誰を信用したらいいのでしょうか…。

児童福祉法を根拠とする様々な仕事をさせていただいている弊社としては、児童虐待は決して見過ごしてはならないことですので、自分たちの立場だからこそできることはないかを真剣に考え、必ず実行していこうと思っています。

特定行政書士 寺島朋弥


2019年8月3日10:22 AM0件のコメント